07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

アカピュルコ

2013/08/10
今月のお菓子教室。
作ったのはコチラ「アカピュルコ」。
アカプルコはメキシコにある地名でオレンジの産地。
ということで、オレンジのムースケーキです。

このムース、ゼラチンの量が最低限なので、とにかく柔らかく、口当たりは柔らか。
しかし、取り扱いが難しく、作ったあとにキッチリ冷凍します。
レッスンは先週だったのですが、冷凍した後にジュレをかけたり、カットしたり、写真を撮ったりする時間がなくて、そのまま一週間経過してしまいました・・・。

やっと食べられます・・・(笑)
ジュレはしみ込んでしまうので、薄くかけておきました。
食べるときにたっぷりかけます。
IMG_8609_convert_20130810171910.jpg

特徴的なのは、サイドのしましま。
モンタージュという作業で、ビスキュイにラズベリージャムを塗ったものを重ねて8㎜にカットし、貼りつけていきます。
ただ並べていくというものではなく、綺麗な面が外に向くよう考えながらのとても繊細な作業。
生地が柔らかいので、カットするだけでもかなり気を使います。
IMG_8630_convert_20130810171948.jpg

そして、このオレンジのムース。
ムラング・イタリエンヌの入いったものですが、作り方がかなり複雑。
温度管理もしっかりしながら集中の作業です。

パータ・ポンプを作り、生クリームと合わせ、次はムラング・イタリエンヌ・・・。
この時点ですでに疲労困憊・・・。

気を失いけながら作ったムースはオレンジの香りが心地よく、なめらかで雲を食べているよう・・・。
すごい!絶品ムース!!
IMG_8636_convert_20130810172044.jpg

最後に作ったクレーム・シャンティ・ショコラのころには魂は戻って来たのですが、生クリームの温度が低すぎたのか、チョコレートとの混ざりがイマイチ。
何とか作り上げたのですが、ムースの上に平らにならすところがうまく出来ておらず、真ん中が厚くなってしまいました。
IMG_8643_convert_20130810172115.jpg

写真を撮っている間にも、オレンジのムースが溶けてきて真ん中が沈んできます。
ホントに柔らかい!
IMG_8652_convert_20130810172232.jpg
このケーキ、今までのレッスンの中で一番大変だった気がしますが、その分、喜びも一番!!
ケーキの完璧なるレシピにも感動しますが、こんなおいしいケーキが作れた事にも感動!!
スポンサーサイト
17:59 お菓子 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
オレンジのムースケーキは夏にピッタリだね。
雲のような食感、ぜひ味わってみたいわ。
うちの旦那様が今度はこのケーキをお願いしようと言ってました。

管理者のみに表示