04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

タルト・フォルモザンヌ ~バナナのタルト~

2013/04/07
今月のお菓子教室、作ったのは「タルト・フォルモザンヌ」です。
フォルモザンヌとは「台湾の」という意味だそうで、バナナ=台湾ってことなんだと思う。
今や台湾バナナはあまり見かけませんが、一般的なフィリピンなどのバナナより濃厚な甘さが特徴です。
今回は台湾バナナではなく、バランゴンバナナというフィリピンの自生種を使用。普通のバナナ(ジャイアントキャベンディッシュ)よりも低農薬で甘みも強いバナナです。
IMG_7017_convert_20130407153747.jpg

4センチ高さのセルクルにシナモン風味のシュクレを敷き込み、キャラメリゼしたバナナとたっぷりのアパレイユ。
シンプルな材料ですが、アパレイユの混ぜ方に少しコツがいります。
サワークリームと卵を合わせるのですが、濃度が違うため、ダマになりやすい。
ただ単純に混ぜればいい、というものではありません。
また、固まる力のある卵でサワークリームを包みこむというもので、計算された混ぜ方なのです。
IMG_7028_convert_20130407153848.jpg
なんとかなめらかなアパレイユに。

バナナはフライパンで薄いキャラメリゼし、最後にラム酒でフランべします。
ファイアーです!!
思いのほか炎が上がってちょっとビビり気味なファイアーでした(笑)
IMG_7026_convert_20130407153819.jpg

焼きあがりは表面がプクっとしているのですが冷めるとしまってきます。
冷やさず常温か少し温めて食べるのが正解だそう。
でも、冷やしてもおいしそうです。
IMG_7030_convert_20130407153922.jpg

バナナは超好きってわけではないけれど、このケーキは超おいしい♡
タルト部分も柔らかめでバナナとアパレイユと一体化します。
なめらかな舌さわりです。
夏は扱いづらい生地なので、また寒くなったら作ってみよう!!
IMG_7033_convert_20130407153950.jpg
スポンサーサイト
16:05 お菓子 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
おいしかったー♪
おおっ写真がやはりすごくすてきーー。
バナナのことも勉強になるし、
さすが!プロですな。

これ、ほんとに、おもっていた以上のおいしさで、またもや秒殺食でした。

わたしもまた作ろうとおもいます。
No title
はい!冷やして食べてみました♪
温かい時よりもバナナはもちろん、シナモンやラムの香りも 弱くなりますー。
加熱したバナナの苦手なわたしには 食べやすかったですけど(笑)
chicaさん
chicaさん

バナナといえば「バナナとココナッツのタルト」を思い出すわ。
久しぶりにそれも食べたくなっちゃった。
写真お褒めいただいて恐縮です・・・。
帰ってすぐにホールの写真だけは撮っといたのよ。
すぐカットしちゃうから・・・(笑)


minacoさん
minacoさん

私も冷蔵庫に入れました。
明日食べてみます~。
常温でもシナモンは強くないですよね。
冷やすともっと弱くなるんだ・・・。
でも、楽しみです~


No title
このタルト、甘さと酸味が絶妙!
うちの旦那様はかなり気に入ったみたいです。
暑い時期に作れないようなので、次回お目にかかれるのは冬かなぁ・・・。
hiromiへ
hiromiへ

サワークリームたっぷりのアパレイユが贅沢なタルトだよ!
冷やして食べてみたけど、やっぱり常温の方がおいしかった。
また食べたい(笑)


管理者のみに表示