06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

クリスマスのお菓子「ビルヴェッカ」

2012/12/02
今月のお菓子教室。
作ったのはコチラ、クリスマスのお菓子「ビルヴェッカ」です。
クリスマスと言うと「シュトーレン」が有名かもしれませんが、「シュトーレン」はドイツのお菓子。
そして、この「ビルヴェッカ」はフランスのアルザス地方のお菓子だそうです。
どちらもクリスマスのお菓子でキリストさまが包まれた「おくるみ」を表した形なんです。
IMG_5541_convert_20121202161405.jpg

大量のドライフルーツを少量のパン生地を繋ぎに焼きあげます。
洋梨、プラム、レーズン、イチジクなどいっぱい・・・そして、懐かしのドレンチェリーも。
先生は「どうしておいしくもないドレンチェリーいれるんだろう・・・?」と疑問に思っていたみたいですが、作ってみて納得したそう。
地味な見た目のこの塊の中に赤いドレンチェリーがいい挿し色になっているのです。
さすが完璧なルセットです!!
IMG_5544_convert_20121202161428.jpg

薄く切って毎日少しずつ食べます。
クリスマスがやってくる・・・そんなお味。
IMG_5546_convert_20121202161454.jpg

クリスマスが来る前に食べきってしまうのは必至ですが(笑)
IMG_5548_convert_20121202161517.jpg
スポンサーサイト
16:37 お菓子 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
これ少しずつ食べるのがミソですね何かジワジワとおいしくなるカンジ。いちぢくの食感がまたたまらない
Re: タイトルなし
mimiちゃん

ホント、じわじわとおいしくなる。いろんなドライフルーツの味が交わって絶妙なバランスよね。
甘酸っぱい感じがいい。
食べきれないと思って1本実家にあげちゃったけど、食べられたな・・・。

すでに残り1本
おおっ こんくらい薄切りがおいしいですよねっ
うちはついつい厚切りに・・・
あっというまに1本完食~♪
No title
美味しそう~♪
ビルヴェッカとシュトーレンの違いが初めて分かりました~^^
周りには粉糖はふらないのですね~
明後日のレッスンが楽しみです♪
chicaさん
さすが、もう1本完食ですか。
家はまだ半分です。
毎日、1切れラップに包んで会社に持ってって食べてます(笑)
コレが結構癒されるんです~!

acoちゃん
粉糖はふらないのよ。
代わりにボーメシロップをたっぷり塗るの。
コレがいい仕事してくれて、一枚膜が張ったようになって、乾燥防止にもなるのよ~。
超ラクなレッスンだよ(笑)


管理者のみに表示